home3-Hero.jpg

ONION マーケティングBlog

Google広告<入門ガイド①:キーワード広告とは?(検索連動型広告)>

Google検索

ユーザーが入力したキーワードを基に、 WWW 上から関連性が高いウェブサイトを表示するだけでなく、クリック課金制で広告を表示することができます。購入や問い合せにダイレクトに繋がるユーザーが興味や関心を持って検索したタイミングで広告を表示。だから、高い効果が期待できます。
日本で最も使われている検索エンジン日本経済新聞社がまとめた 2014年䛾国内䛾「主要商品・サービ
スシェア調査」によると、パソコン䛾ポータルサイトで Google が首位になりました。

スクリーンショット 2018-09-02 18.50.33

Googleアドワーズの料金

Googleアドワーズの料金は、 広告が ユーザーにクリックされた回数の料金を Googleに対して支払います。クリック課金制になるので、クリックがされなければ料金が発生せず無駄なコストを払う必要がない特徴があります。

 

よって、自分たちの ターゲットユーザーのみにクリックされるように、 広告文章や出稿 キーワード、出稿Webサイトなどを慎重に選ぶ必要があります。

 

Googleアドワーズの特長

Googleアドワーズは多くの 広告主が出稿していますが、なぜそこまで人気なのでしょうか?それは以下の特長があるからといえます。

 

1:低予算で 広告出稿できる

2:ターゲットユーザーだけに 広告出稿できる

3:地域、時間帯を決めて 広告出稿できる

4:広告内容を常に変更できる

5:有名なサイトへも安価に 広告出稿できる 1. ミドルワードやスモールワードを狙うことで効率化しやすい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.低予算で 広告出稿できる

Googleアドワーズは、クリック課金制のためクリックが発生すると、その回数に応じてお金が発生します。よって、クリックが起きなければ費用は発生しないため無駄なお金を払う必要がありません。

 

また、上限キャップを決めて 広告出稿できるため、使いすぎることがありません。

Googleが 広告主に対して提供しているキーワードプランナーを使えば、事前に広告費をシュミレートしてくれるので安心です。

 

2. ターゲットユーザーだけに 広告出稿できる

Googleでの検索 キーワードや、提携Webサイトの内容を選んで 広告出稿できるため、 ターゲットユーザーを選んでアプローチが可能です。

 

特に検索 キーワードは、検索 ユーザーのニーズや温度感が検索 キーワードごとに違うため、目的に合わせて出稿するのが一般的です。

 

例えば、レストランの予約を取ろうとある ユーザーが検索をしているとします。

「レストラン」で検索する場合と、「東京 レストラン 夜景 個室」と検索する場合では、予約までの温度感が違いますし、夜景を求めていない人は「東京 レストラン 夜景 個室」と検索しないため、無駄なクリックを避けることが出来ます。「レストラン」の場合、意味や由来を知りたい人が検索しているにも表示されてしまいます。

 

このように、 ターゲットユーザーだけに 広告出稿できるというのは非常に大きな特長です。

 

3.地域、時間帯を決めて 広告出稿できる

検索している人のいる地域や時間帯を決めて 広告出稿が出来るのも特長です。

例えば、青森県の地域密着型のレストランを経営しているのに、東京で検索している人に表示されても意味がありません。青森県で検索している人にだけ 広告出稿したいという場合でも設定により可能です。

 

また、サラリーマンを対象に 広告を出したい場合、通勤し始める朝7時から帰宅し始める18時まで 広告を出す、などという時間設定も可能です。

 

4. 広告内容を常に変更できる

紙の 広告などは、一回出してしまったら修正は出来ません。また、 バナー広告などの場合は契約期間が決まっているので1日目で効果が悪いから取りやめる、ということは出来ません。しかし、 Googleアドワーズであれば配信開始・停止・修正などを簡単に行うことが出来ます。

 

5.有名なサイトへも安価に 広告出稿できる

有名なサイトになると バナー出稿に数百万円、数千万円と 広告出稿にはケタ違いの金額がかかります。

しかし、 Googleアドワーズであればクリック課金制で表示することができ、嫌になったらすぐやめることが出来ます。

 

6. ミドルワードやスモールワードを狙うことで効率化しやすい

検索 キーワードは基本的に、 ビッグワード、 ミドルワード、スモールワードに分類でき、 ビッグワードになるほど人気の キーワードで検索回数が多いものの コンバージョンレートが低くなり、逆にスモールワードになるほど、検索回数は少ないが コンバージョンレートは高くなりやすいと言われています。

 

下記は キーワードプランナーによって抽出された数値です。

分類 キーワード例 月間検索ボリューム

ビッグワード ランチ ・・・・・・・・・90,500

ミドルワード ランチ 東京・・・・・・・ 5,400

スモールワード ランチ 東京 おすすめ ・・480

このように明らかに月間検索ボリュームに違いがあるのがわかります。

7. 広告文はGoogle 検索結果の上部や下部に表示される。

検索ネットワークのテキスト広告は、Google 検索結果の上部や下部に表示されます。広告見出し、表示 URL、説明文の 3 つの要素から成ります。

 

総合保険 | 予算に合わせてプランを選択 | お見積もりは無料

広告 www.example.com/insurance

信頼できる保険をリーズナブルに。オンライン見積もりで一律 10% 割引。簡単に保険プランを比較できます。

 

1.広告見出し

広告見出しは最も目立つ要素ですので、ユーザーが Google 検索で入力する可能性が高い語句を含めると効果的です。

テキスト広告は 3 つの広告見出しから成り、商品やサービスの宣伝をそれぞれ半角 30(全角 15)文字まで入力できます。広告見出しは縦線記号「|」で区切られています。広告を表示する際にユーザーが使用している端末によって表示が異なる場合があります。

2.表示 URL

表示 URL は広告主様のウェブサイトの URL で、通常は緑色で表示されます。この表示 URL は、最終ページ URL のドメインと「パス」項目に入力(省略可)するテキストで構成されます。この項目は、広告をクリックするとどのようなサイトが表示されるのか、ユーザーにあらかじめ知らせる役目があります。パスのテキストは、表示 URL の文字列と正確に一致する必要はありません。

3.説明文

説明文では商品やサービスの詳細を伝えます。ユーザーに期待する行動を促すフレーズを含めると効果的です。オンラインで靴を販売している場合は、「今すぐ購入」や「今すぐ靴を購入」といったフレーズを含めます。

サービスを提供している場合は、「今すぐお見積もり」、「料金を確認」などとなります。